2016年03月20日

バウハウス インダストリアルランプ

image.jpeg

長年お店の中で良い雰囲気を醸し出していた、インダストリアルランプが今日お婿いり。
(嫁ではなく!)
雑貨屋さんを開業される常連のお客様の所へ旅立ちました。
昔からから古いものに携わって来ましたが、
時代を超えて、人から人へ伝わって行くストーリーがとても好きです。
だから古いものはやめられない!


このランプは、特にエナメルが他のメーカーよりも抜群にgoodなRademacher ラーデマッハ。
完全なオリジナルだと、スイッチが上方に設置されてあり
コード、アイアン、スイッチが上方で一つにまとまるデザインですが
こちらはスイッチが壊れていたのか、新たに取り替えられております。
以前の持ち主さんがきっとこのランプを大事にしていたのでしょう。
こういう新たな工夫も、古いものにはよく見られる特徴です。
その為今でも問題無く使える上に、少し中性的なデザインになりむしろ気に入っていました。

新しい場所でも良い感じに存在してくれると願っています。










posted by sayaka at 16:24| アンティーク・古道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月28日

Industrial Lamp

Jielde Lamp /FRANCE


Rade Maccher /GERMANY

以前から集めているインダストリアルランプです。
Jielde Lampが新しく加わりました!



ジェルデ green 35000yen
IMG_0687.JPG


IMG_0689.JPG


ジェルデ silver 30000yen

IMG_0701.JPG


ラーデ・マッハ― black 32000yen
IMG_0698.JPG




ラーデ・マッハ― gray 45000yen
IMG_0703.JPG




フランスメーカ―不明 silver 19800yen
IMG_0706.JPG





posted by sayaka at 17:18| アンティーク・古道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月07日

montereu

モントロー 1748〜1840
005.JPG

この時代は貴族しか白い器を使えなかった
絶対数のとても少ない器。
上の写真はモントローの代表的なオクトゴナル(八角形)プレートです。
貴族が。。というよりも、200年もの時を経た器が
今此処に存在していることが信じられないなと、思ってしまいます。

沖縄では1700年中期に空手が中国より伝わり、1800年代はオランダ船、イギリス船、
フランス船が次々に漂着し、名和の大津波があり
1840年にはアジアでは有名なアヘン戦争が・・


そんな時期に遠くヨーロッパの食卓に並んでたなんて
アンティークを探る面白さを感じてしまいます。

このオクトゴナルプレートはフランスの古い窯元でディゴワン&サルグミンヌなども
製作しているのですが、上の写真はフランス最古の窯元クレイユ&モントロー
それも、モントローがクレイユと合併するより以前に作られた
モントロー単独の製品です。

こんな歴史を持つお皿が、今日旦那さんの古い友人の手に渡りました。

古くからある物を追い続ける楽しさを
改めて実感した1日です!






posted by sayaka at 18:13| アンティーク・古道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。